HSK

【中国語・初心者必見】ゼロから始めてHSK1級に合格した勉強方法

試験イメージ図

大家好!みなさんこんにちは

まったくの初信者に毛が生えた程度

中国語ブログを書いている厚かましいSAGOJO沙悟浄です。

 

今回の記事は・・・

「HSK1級にチャレンジしてみようと思うんだけど、どんな試験なんだろう?」

「どうやって試験勉強したらいいんだろうか?」

 

そういう疑問にお答えしようと、記事を書いてみました。

実は今回の記事、私のブログを読んでくださる読者さんが

「HSK1級から始めてみようと思います・・・」と、

メッセージを寄せてくださったので、これからHSKにチャレンジされる方に向けて書いてみました。

 

その前に、簡単な自己紹介です。

「まったくの初心者に毛が生えた程度」の私の中国語レベルです。

 

自己紹介・SAGOJO
  • HSK4級(筆記試験)に合格
  • HSKK口試<初級>(口頭試験)に合格
  • HSKK口試<中級>(口頭試験)を3度目の受験(2020年7月)
  • 全日本中国語スピーチコンテスト朗読部門で最優秀賞(まぐれ)

 

HSK1級とは中国政府認定の中国語試験・初級レベルのこと

漢字

HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)直属の機関である「孔子学院总部/国家汉办」が主催し、中国政府が認定する資格です。(主催団体は、中国政府教育部 孔子学院总部/国家汉办)

そのため、HSKの成績報告は、中国国内だけでなく、日本国内、そして世界中で公的証明として活用することができます。

(引用:HSK日本実施委員会ホームページ

ちなみにHSKは、「听力ting li:聞く」「阅读yue du:読む」「书写shu xie:書く」の3技能を図る筆記試験です。

 

日本語訳で「漢語水平考試かんごすいへいこうしHanyu Shuiping Kaoshi)」の頭文字をとって「HSK」といいます。

私が受験したHSKは6段階あり、初級レベルの1級から、上級レベルの6級まであります。

 

ちなみにHSK1級がどのくらいのレベルかというと・・・

150語程度の常用単語と文法知識を習得している者を対象としています。
大学の第二外国語における第一年度前期履修程度の学習が目安とされています。

(引用:HSK日本実施委員会ホームページ

 

HSK1級は「听力:聴力」「阅读:読解」それぞれ100点、合計200点で評価されます。

総得点120点が合格ラインとなります。

詳しくはHSK日本実施委員会ホームページのリンクを貼っておきますので、そちらを見てもらったほうが早いので。

 

 

ウィキペディア先生の情報によると今後、HSKは3等級9級制に改定されるとのこと。

要は今まではHSK6級が最上級でしたが、改定されるとHSK9級が最上級になるみたい。

いつ頃から、どのようにに改定されるか、まだ未定のようです。

今後の動向が受験者にとっては気になりますね。

 

中国語まったくの初心者がHSK1級に合格に向けた勉強方法

パンダ憂鬱

 

HSK1級合格に向けての勉強方法はこの3つ

①ピンイン表で発音・声調せいちょうの練習が重要

中国語の勉強を進めていく上でけては通れないピンイン発音記号。

その発音の仕方、また中国語特有の声調せいちょう四声しせい)について入門段階から基礎固めしておきましょう。

 

②HSK1級~2級の単語300語を覚えよう

漢字の音を丸暗記、モノマネのように発音して漢字の「意味」と「音」を覚える。

 

③HSK公式過去問集1級をひたすら復習

過去問題集は中国語学習の最強ツール。

しかし、解きっぱなしでは身につきません。

苦手な箇所をしっかりと復習して、高得点を狙っていきましょう。

 

ピンイン表記を見ながら発音・声調のシャドーイングは超重要

 

中国語をまったくのゼロから勉強し始める人が、一番最初にトレーニングした方が良いのは、ピンイン表を見ながらの発音・声調(四声)のトレーニングです。

 

これから中国語を本格的に勉強するにせよ、旅行や出張で困らない程度に勉強するにせよ、

 

ピンインを正しい声調で、正しく発音することが

 

一番重要だからです。

 

特に「听力:聴力」の問題では、聞こえてくる中国語を理解するわけなので、カタカナ表記で漢字を覚えてしまうと向上はむずかしくなります。

 

HSK1級~HSK3級までは問題用紙の漢字にピンインが表記されています。

 

なので試験本番中、ピンインと放送から聞こえて来る漢字の「読み方=音」と、照らし合わせて答えていく方法が高得点を狙えます。

 

例えば

 

「吃:食べる」という動詞と、「七:7」の数詞。

ピンイン発音記号とカタカナ表記
  • 「吃:chī:チー」
  • 「七:qī:チー」

カタカナだと「チー」と同じような音になりますが、反り舌音の「chī」と、舌面音の「qī」では舌の使い方が違うので音が違います。

 

自分が発音を使い分けて発音できるようになるから、聞き分けられるようになるので、ここはしっかりピンイン表を覚えながら、発音と声調をマスターしておきたいところです。

 

ピンインの発音記号、発音や声調について勉強するには、こちらの教材がオススメです。

 

 

また、中国語の勉強は「発音や声調が超重要」なので、それについて書いた記事がこちらです。

むずかしいことを解く
【まったくの初心者必見】中国語の発音を徹底的にヤリこむのが超重要 「よし!中国語を勉強するぞ!」と決めたのはいいけど、具体的にどんなふうに勉強したらいいんだろう?何から始めたらいいんだろうか? ...

 

あと、「発音や声調」についての具体的な勉強方法については、こちらの記事を参考にしてください。

両方から学ぶ
まったくの初心者が中国語の発音を勉強するなら○○から学ぶ方がベスト 中国語を勉強し始めるのに、発音や声調(せいちょう)が大切だと聞くけど、 まったくの初心者の私が、どういう勉強方法や教材で勉...

 

HSK1級~2級の出題範囲の基本語彙ごい300語を覚えよう!

 

中国語は日本語の漢字をそのまま使っているものや、形が似ている漢字が多いので、漢字の「形」と「意味」を覚えるのは簡単です。

 

HSK1級~2級の出題範囲の300語といっても、ほとんど日本語と同じ意味をもっている漢字が多いのが特徴とくちょう

 

しかし、ここで気を付けて勉強するのは、

漢字の「読み方=音」

 

しっかりと音声ファイルを聞きながら、漢字の「形」と「音」を丸暗記するくらいシャドーイングすることがポイントです。

 

例えば、HSK1級で出題される語彙では・・・

日本語の読み方
  • ねこ
  • いえ
  • 衣服いふく

など、日本語と同じ意味を持つ単語があります。

 

しかし、読み方=音は

中国語の読み方
  • マオ:māo」
  • ジャー:jiā」
  • 衣服イーフ:yīfu」

と、日本語とはまったく違った「読み方=音」となります。

 

※わかりやすくカタカナ表記も加えてありますが、カタカナ表記で覚えることはオススメしません。

 

さらに高得点ねらいとして、HSK2級の語彙もまとめて暗記しておくことをオススメします。

 

なぜなら、HSKの試験傾向として、一つ上の級の語彙がちょいちょい使われています。

 

試験中、見たことのない漢字が突然現れてくる感じです。

 

なので、HSK2級まで合わせても比較的簡単な漢字300語、しかもほぼ6割くらいは日本語と同じ漢字なので簡単。

しっかりおさえておきましょう。

 

ド定番!HSK公式過去問集1級をひたすら復習

勉強おどろき

HSK1級公式過去問を、本試験と同じように時間を計りながら問題を解いてみます。

使う教材はこちら「HSK公式過去問集1級」

「听力:聴力」は約15分:問題数20問

「阅读:読解」は約17分:問題数20問

わからなくても、当てずっぽうでいいので、どれかは選択すること!

 

採点する時に、以下の記号を解答用紙の各項目に書き加えておきます。

  • ・・・「たぶんこれが正解だろうな」と思ったもの
  • ・・・正解がわからなかったもの
  • 自信があって正解したものには何も書きません。

 

採点が終わったら、「△」「/」が付いている問題と解答をすべてノートに書いていきます。

ノートに書いていくのは

  • 問題文と解答
  • 解答のスクリプト(台本)にある中国語
  • スクリプト和訳
  • 問題文の選択肢(全部)
  • 問題文の和訳

以上の5項目をすべて書き写します。

ピンインが曖昧あいまいなものにはピンインを書き込みます。

 

得点アップ!HSK1級合格オススメ勉強法「听力:聴力」編

 

過去問を解いて、採点時に「△」「/」が付いた問題をノートに書き写したら・・・

今度も、またシャドーイングです。

自分が間違える箇所は聞き取れていないか、漢字の「読み方:音」を知らないかのどちらかです

 

間違った箇所、曖昧な箇所は徹底的に暗記するつもりで、音声ファイルをよく聞きながらシャドーイングをくり返していきます。

問題文をいくつもシャドーイングしていく中で、出題される問題の傾向も把握はあくしていくことも大切です。

 

「听力:聴力」の「第4部分」では、短文が読み上げられ、それについて正しい解答を求められる問題があります。

 

その問題に対する選択肢せんたくしの中には、ピンイン付きで語句が用意されているので、だいたい「何について質問されるのであろう・・・」と予測が立てやすいです。

 

例えば、

 

問題用紙の選択項目には、以下の3つが並んでいるとします。

選択項目

A.想回家xiǎng huí jiā

B.书不见了shū bú jiàn le

C.不想学习bù xiǎng xué xí

 

問題文が放送される前に、この語句をパッと見て、「読み方=音」を思い出しておきます。

そうしていると、問題文が流れてきます・・・

 

問題文の放送はこちら

我想看电影Wǒ xiǎng kàn diànyǐng, 不想学习bùxiǎng xuéxí

问:「他怎么了Tā zěn me le?」

(放送は2回読み上げられます)

 

ちなみに、問題文の和訳はこんな感じ

問題文の和訳

「我想看电影,不想学习」

(私は映画が観たいので、勉強はしたくありません)

 

问:「他怎么了?」

質問:(彼はどうしましたか?)

 

選択項目の和訳

A.想回家(家に帰りたい)

B.书不见了(本が見当たらなくなった)

C.不想学习(勉強したくない)

 

なので答えは、「C:不想学习(勉強したくない)」

になります。

 

お恥ずかしい話し・・・

生まれて初めて挑戦する中国語試験。

しかもまだ4ヶ月の私には、この放送を聞いただけで理解することはできませんでした。

 

じゃー、どーやって点をとったか?

 

ここの部分の

 

我想看电影Wǒ xiǎng kàn diànyǐng, 不想学习bù xiǎng xué xí

 

と、

 

この選択項目の語句の音が一致するものを選ぶ!

選択項目

A.想回家(xiǎng huí jiā)

B.书不见了(shū bú jiàn le)

C.不想学习(bù xiǎng xué xí)

 

不想学习bù xiǎng xué xí・・・って言ってたな、たしか

・・・じゃぁ、Cにしよう。」

 

といった幼稚なやり方でしたが、自分でビックリするくらい高得点とれました。

 

もしあなたが放送を聞いただけで、この問題が理解でき、解けていれば・・・

 

わざわざ1級受けなくてもんじゃねぇ

ってくらい、レベル高い人ですね。

 

得点アップ!HSK1級合格オススメ勉強法「阅读:読解」編

 

過去問を解いて、

採点して、

間違ったところをノートへ書き写す!

これを過去問5回分するだけで、相当な単語や文法を暗記できると思います。

 

人によっては、読んで覚えられるタイプ。

書いて、覚えられるタイプ。

それぞれ暗記で覚えやすい方法があります。

ご自分にあった方法で勉強を続けていけば良いと思います。

 

ただし、「書くの面倒だから、読み流しちゃおう」という感じで、暗記しているつもりになっては、ただの時間のムダです。

 

記憶に定着できるように、工夫して単語を覚えていくことが大切です。

 

私が工夫した方法で、部屋の中で目につく物に・・・

中国語で「物の名前」を付箋ふせんに書いて

貼っておきました。

 

「テーブル:桌子:zhuō zi」
「靴:鞋:xié」
「トイレ:洗手间:xǐ shǒu jiān」

・・・などなど、HSK1級~4級の名詞で、部屋の中にあるものに中国で名前を書いて貼っていました。

 

単語を調べる時は、こちらの本を使用。

 

 

ちょっとした工夫で日頃から単語を目にしておくと、印象に残りやすいです。

 

まとめ

まとめ
HSK1級に合格に向けた勉強方法

ピンイン発音記号を見ながら声調と合わせてのシャドーイングが超重要。

 

HSK1級~2級の出題範囲の基本語彙300語を覚えよう!

HSK1級の試験でも2級の単語がチョイチョイ出ます。

漢字の「読み方=音」をシャドーイングで暗記していこう。

 

HSK公式過去問集1級を復習

試験本番と同じ時間配分でやってみて、採点。

間違った箇所、曖昧あいまいな箇所はすべてノートに書き写して復習する。

 

「听力:聴力」のオススメ勉強法

間違った箇所、曖昧な箇所をノートに書き写して、そこをシャドーイング。

 

「阅读:読解」のオススメ勉強法

間違った箇所、曖昧な箇所をノートに書き写して単語と、文法を覚えていくこと。

日頃から目にする物、手に触れる物に中国語の名称を書いて、付箋で貼っておくなどの工夫をしていく。

以上、今回の記事はHSK1級の勉強方法についての記事でした。

 

実際、私が受験した時は6人くらいしかおらず、その内1人は小学生でした。ww

 

けど30代後半、まったくのゼロから中国語を始めてのぞむ試験ですから、それなりに緊張はしましたよ。

 

合格したのは嬉しかったのですが・・・贅沢ぜいたく言うと・・・

 

200点満点を取れなかった事が少し残念だな~」っと感じました。

HSK1級合格

簡単なレベルからHSKを始めて「合格」とか通知をもらうと、かなりのモチベーションにつながります!

 

是非とも中国語学習者のあなたも、勉強のモチベーション維持のためにもHSKを取り入れてみませんか?

 

今後もそのお役に立てれるようブログ更新していきます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

今回の記事が良かったら、下のバナーをポチっと押してもらえると、ブログ更新のモチベーションが上がりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

SAGOJO blog - にほんブログ村

 

また、Twitterもやっていますフォローしてもらえると嬉しいです。

SAGOJO@40歳・中国語をゼロから始めて4年目!@sagojoblog

 

那,下次再见,拜拜では、また次回、バイバイ