プロフィール|SAGOJO – 沙悟浄 –

プロフィール

 

中国語・初心者に毛が生えた程度でブログを書いてます、SAGOJOです。

谢谢您浏览我的个人资料。

(私のプロフィールをご覧くださり、ありがとうございます)

 

他のブログやTwitterを見る機会が多くなって、目に留まった筆者のプロフィールを拝見します。

そこには筆者の人間味が感じられて、親近感が湧いて来るので「私も書いてみようと・・・」

ということで、こちらは私のプロフィール記事です。

四十路よそじのSAGOJO 半生を振り返る

 

ある種のテーマパーク的なとこでキャストやってます

 

現在、私が勤めているのはサービス業界で、ある種のテーマパーク的なところです。

そこでキャスト(正社員)として勤めて(2020年で)16年目になります。

お水商売や、あやしげな業界ではありません。(きっぱり!)

 

中国語やブログとのつながりは、すべてパークに来園してくるお客さんつながりで、興味がわいて始めたものです。

家で過ごすより、職場にいる時間の方が長いなら、そこで得られるスキルを身に着けておこう!

そう考え中国語の勉強と、ブログを書いています。

そんな私、SAGOJO が現在に至るまでの半生をザクッとご紹介します。

 

10歳まで夜尿症やにょうしょう

 

1979年に(日本の)南の島で生まれ、高校卒業後に愛知県へ就職し住みついています。

 

私が10歳のときに両親は離婚。

理由は、父の酒癖さけぐせの悪さです。

家族へのDVはひどいものでした。

そのせいか私は10歳まで夜尿症でした。

母に対するDVはひどく、身の危険を感じた母は家を出て行ったんです。

 

その後、私と弟は母に引き取られ、母子家庭の貧しい生活が続きました。

母はサラ金に手を付けたこともあったようで、借金取りが家に来るようなこともあった貧しい生活です。

母は昼夜を問わず、私たちのために働いてくれました。

 

勉強が苦手な私は、ますます勉強が嫌いになりまして・・・

学校から帰ってくると、毎日ファミコンをする今でいうゲーマーです。

 

中学校・同級生の紹介で夕刊配達はじめる

 

勉強はできない私でしたが、絵を描くことは得意で自作のマンガを書いていました。

友達に見てもらい、楽しんでもらえる事がうれしかったことを覚えています。

下の写真は中学生の頃、描いたマンガです。

当時、森田まさのり氏の「ろくでなしBLUES」を愛読しており、井上雄彦氏の「SLAM DUNK」にも影響を受けた一人です。

 

自作マンガ1自作マンガ2自作マンガ3

 

中学校時代はバスケットボール部へ入部しましたが、先輩・後輩の上下関係がイヤで、すぐ辞めました。

その後、(おかしな話しですが・・・)同級生の紹介で、夕刊配達をするようになったのです。

当時、夕刊配達でもらった給料明細と、ちょっとした月報みたいなノートが残っていたのでお見せします。

 

1993年11月夕刊配達明細

 

1993年(当時14歳)中学生で、毎月16,000円くらい稼いでいました。

たぶん、その半分くらいは母にあげていたと思います。

 

高校入試ですが・・・

ここも不思議な話しで・・・、入試倍率もけっこう高かった工業高校へ推薦入学できたのです。

勉強ができない私を先生が心配して、推薦してくれたんでしょうね、きっと。

 

バイト代で買ったバイクが盗難され、ローンだけ残る

 

高校生活は人生で一番楽しかった日々でしたねぇ・・・。

学校では居眠りし、夕方からバイト、帰ってはゲーム、週末は深夜まで夜遊び・・・

借りた奨学金で、小型二輪→中型二輪→車の免許を取得。

高校生活はすべてバイト。

バイト代のいくらかは母へ渡し、残りのお金で中古のバイクを買っては乗り回して遊んでいました。

恋人もできて、ホント楽しい青春時代でしたよぉ・・・(あの頃に戻りたい)

 

ヤンキーでも、暴走族でもありませんでしたが、不健全な高校生でして・・・

あまり好きではなかった父に頼み込んで、保証人となってもらい中古で400ccのバイクを購入したんです。

KAWASAKI の「ZXR」を!

ところが、買って2ヶ月くらいで盗難にあってしまい、残ったのはローンの45万円でした。ww

かなり背伸びした生意気なガキんちょで、やっぱり天罰が下ったんだと、今ではそう思えます。ww

 

3K業界の印刷工場へ就職

 

そんな楽しい青春の日々は、アッという間に過ぎ去ってしまい。

進路選択・・・もちろん、私には大学へいく学力もなく、お金もありませんから残された道は就職です。

先生から勧められたのは、故郷の島国から遠く離れた「愛知県」での就職でした。

正直、その時まで「愛知県」の県庁所在地が「名古屋市」だと、知らないくらいのアホです。

 

地元の島国で就職しても、お給料なんか雀の涙ていど・・・

「だったら少しでも給料の良いところへ・・・」という理由で、愛知県の印刷工場へ就職が決まりました。

 

後々、知ったのですが印刷業界って「3K(きつい・汚い・危険)」といわれるほど、重労働で低賃金な業界だということを・・・

(印刷業界で働いている皆さんごめんない・・・こんな紹介で)

 

会社の寮で住み込みしながらの勤務。

工場や寮の設備はきれいな方でしたが、仕事がヤバいくらいツラかった!!

毎日12時間勤務の日勤、夜勤の2交代制。

約2年間、来る日も来る日も印刷機に用紙をセットするために、紙をパレットに積む作業ばかりでした。

週末になれば機械のメンテ、手がインキでベットベトになりながら掃除です。

高校卒業後~20歳はたちくらいまでが、人生でいっちばん辛かった時期だなぁと思います。

 

そんな当時のお給料明細を公開します。

就職してからの社畜しゃちく生活を綴った日記が残っていました。

よく、こんな日記を残していたなぁと、自分で関心、関心。

日付が、1998年5月(当時18歳)。手取り約132,000円。

 

1998年給料明細

 

この時にヒトデさんの「今日は社畜祭りだぞ!」に出会いたかったぁ。

そしたら、勤めていた印刷工場での思いをブログにブチまけていたかも。

 

2年半が過ぎた頃、上司に可愛がってもらい、新規に立ち上げる設備のオペレーターとして配置転換となりました。

名古屋市・栄のオフィス街にあるビルへ、異例の人事異動ですよ!(ありえない!)

 

ありがたい事に、一からDTPの基礎を学ばせてもらい、AdobeアドビIllustratorイラストレーターや、Photoshopフォトショップの扱い方を教えてもらえたんです。

4年経つ頃には、「DTPエキスパート認証試験」に合格したことが自信につながりました。

(4~5回は試験に落ちましたが・・・)

DTP認証証

 

現職・テーマパークのキャストへと転職

 

DTP認証試験に合格してまもなく、またまた人生の転機が・・・

現在、勤めている所から、「うちへ来ないか」と転職のお誘いをいただいたのです。

そこは、印刷業界とは畑違いのサービス業界。

わかりやすく業種を例えると、ある種のテーマパークです。

もともと好きなテーマパークだったので、お客としてよく足を運んでいました。

そこのキャスト(正社員)として働けるのならと、25歳のとき転職を決意。

そして、今に至ります。

 

職場では昇進試験のようなものがあり、階級を上げていきませんと肩身の狭い思いをします。

好きな仕事に就けても、いつまでも下っ端したっぱのペーペーでいるのは私の性格上、穏やかではありません。

ガンガンに昇進試験にチャレンジしまして、7年ちょっとかかりましたが、ひとまず目標としていたレベルまでは合格しました。

 

わかりやすく昇進試験をディズニーランドのキャストに例えると・・・

ディズニーランドのキャストには、「グレートアップ制度 M・A・G・I・C」なるものがあります。

それに置き換えてると、「最上級のC(キャプテン)」には到達できた感じです。

 

今の仕事は、「メンドくさっ!」と思う時もあります。

けど、嫌いな仕事ではないので、このまま続けていくつもりです。

 

以上、40年分の半生をザクっと約2700文字にまとめてみました。

私、SAGOJOって人は、学歴が低いことや、ステータスが乏しいことをコンプレックスに感じ、それをカバーしようと資格で身を固めているヤツだと思います。

 

中国語を始めた理由

 

私は中国や台湾にいつかは行きたいと思っていますが、まだ行ったことはありません。

そんな私が中国語を学び始めた理由は3つあります。

 

職場の昇進試験で 「最上級C(Captain)」を取得。

しかし、同年代で持っている人は他にもいる。

=差別化ができていない。希少性に欠ける。

※ わかりやすく階級を例えるために、ディズニーランドのグレードアップ制度『MAGIC』を用いています。

 

仕事以外の趣味を通じてスキルと、人脈を育てておきたかった。

=定年後、「仕事しか、して来なかった」そういう人生がヤダなって思ったから。

 

パークに来園するお客さんに中国人が多い。

=目の前に中国語の需要がある。

 

差別化ができていない、希少性に欠ける

 

職場の昇格試験で目標としていた、「最上級C(Captain)」の称号を取得したのは、32歳の時。

一つの目標達成はできましたが、まだまだ先は長いサラリーマン人生なので、他に何か目指すものはないかと考えていました。

そんな時に出会ったのが、この本です。

 

 

今まで積み上げたスキルで、まずは100人に1人の存在になる。

100人に1人の存在になれたら次は、もう一つスキルを新たに磨きだしていく。

もう一つのスキルで、また100人に1人の存在になれば、100×100で1万人の1人の存在価値となれる。

そうすることで、あなたの希少性が高まる・・・

という理屈です。

単純にこの考え方が、どストライクにハマったんです。

 

仕事以外の趣味を通じてスキルと、人脈を育てておきたかった

 

36歳のとき、この3冊の本を読んで、これからの人生について考えてみたんです。

 

 

世界一孤独な日本のオジサン(角川新書)
著書:岡本純子

日本のオジサンは世界一孤独だ。寂しく、不機嫌なオジサンにならないために、今から何をしておくべきか。人生後半戦を豊かに生きるために、30~50代のうちから読んでおくべき本。

 

 

本を読み終えて、「仕事」を理由に惰性的だせいてきに流されていた自分に気づきました。

これからの40代、50代を迎える前に、どう行動していくか心構えができた感じです。

 

目の前に中国語の需要がある

 

上記の本を読んで、30代後半戦でしっかり目標を立てておかないと、「これはヤバい!」と気づいたんです。

 

今の職場でスキルを磨いて、役立てるものは何か、そしてリタイア後も活かせるものは何か・・・

そう考えた時に、お客さんとして来園してくる中国人の方々の存在でした。

この人たちとコミュニケーションを取れるように、中国語を勉強してみようと思ったのです。

今のポジション × 中国語でコミュニケーションができる

= 職場内での希少性が高まる

仕事以外の趣味・特技として中国語スキルを磨く

仕事以外の人脈を中国語を通じて築いていく

など、今おかれている環境を活かして、自分磨きのために中国語を始めたのが理由です。

 

中国語の勉強を始める方は、大学生の方とか多いと思いますが、私のように社会人になってから学ばれる方けに書いた記事をご紹介します。

オンラインスクール
全くの初心者が30代後半から中国語を学んでのメリット・デメリット2020年春・・・ 在宅勤務や、外出自粛などで家にいる時間が長くなったので、せっかくだから何かスキルを身に着けたいなぁ・・・ 語...

 

ブログ運営について

 

この「SAGOJO blog」では、私が中国語学習を通じて学んだこと、気づいたこと等を読者の皆様へ発信するブログとして運営していきます。

 

しかし、まだ私も初心者に毛が生えた程度のレベルです。

なので、初心者の方がつまづきやすい点などを、初心者目線で発信できるよう心がけていきます。

勉強の失敗
【失敗しますよ】全くの初心者が中国語を教材のみで独学する勉強方法 全くの初心者が中国語の勉強を始めるときに何から始めたら良いんだろう。 オンライン講座がいいのか、中国語教室に通った方がいい...

 

他の中国語のブログ書いている方々の経歴って、ハイスペックだな~と思います。

「大学生の時に北京へ留学してました」とか、「中国で駐在員してます」等。

そんなハイスペックな方々には到底及とうていおよばない私ですが、いつか「SAGOJO さんのブログ、ためになりましたぁ」って言われるようにブログを育てていきます。

 

ブログを始めた理由

 

2020年3月に友人が「私、ブログを始めたんですよ」と、自身のブログを紹介してくれました。

初めてその時にWord Pressのことを知り、「素人でも、こんなにクオリティの高いサイトが作れるか!」と驚きました。

 

「クオリティの高いサイトを、素人の自分が作れるのならやってみっよかなー」っと、興味がわいたのがブログを始めるきっかけでした。

 

その後は、ヒトデブログを読んだり、YouTubeでヒトデさんや、マナブさんなどの動画を見たりしてスタートしました。

思い立ったら、すぐ行動!即実践!!

 

ちょうど予定していた中国語の試験もコロナショックのため中止となってしまい、勉強のモチベーションが下がってきたところでした。

中国語学習を継続させるきっかけ作りも含めて、中国語学習のブログを立ち上げたのです。

 

これからの目標

 

中国語の目先の目標は、まずHSK5級合格と、HSKK中級の合格です。

ゆくゆくはHSK6級には合格したいと思っています。

仕事を通じて、中国人の方との接点があるので、中国語で仕事のコミュニケーションがとれるレベルまで上げていくことが大きな目標です。

 

ブログの方は、中国語の勉強を通じて今までの経験してきたものを、記事として積み上げていきたいと思います。

今はまだ初心者に毛が生えた程度のレベルです。

けど、中国語を始めたばかりの人向けに、少しでもお役に立つ記事を書いていきたいと思います。

 

2020年3月までは、「まさか自分が、世の中に向けて発信することなんて無い・・・」と他人事にしていました。

しかし、友人のブログを見て驚き、コロナ禍のタイミングで、「よし!まずはやってみよう!」と決意できたのです。

ブログにチャレンジ!Twitterにもチャレンジ!!と、世の中に向けて発信する側になれた事は大きな成長だと感じています。

 

これからも、読者の皆さんとって有益な情報が発信できるよう努めて参ります。

私のプロフィールで好感を持てて頂けましたら、下のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

 

SAGOJO – 沙悟浄 –