中国語

まったくの初心者が中国語を効率よく勉強を始めるための必須アイテム

アイテム

 

職場や学校で中国人と会う機会が多くなってきたけど、

いつも日本語で「こんにちは」くらいしか話せないないぁ。

 

せっかくだから、「你好」の他に、もう少し気の利いた挨拶を中国語で話してみたいなぁ。

 

中国語の勉強をまったくの初心者が始めるのには、何から手をつけたらいいんだろうか?

 

まったくの初心者が中国語を効率よく勉強するには、

「シャドーイング」という勉強方法がオススメです。

「シャドーイング」とは

ネイティブの音声を聞きながら、ほぼ同時に声を出してそれをマネていく方法です。

影のように聞いている音声にくっついて自分も発音していく勉強方法です。

 

そのシャドーイングの勉強方法の下準備として、必須アイテムがありますので、

今回はそのアイテムを紹介をします。

パソコン

ネットワーク

ICレコーダー

中国語の教材

必須アイテムの中には既に持っている物や、ネット環境が整っているかもしれません。

 

その時は、使える物は使っていきましょう。

 

なぜ語学学習に鉄板アイテムである「教材、ノート、辞書」ではなく、

上記の必須アイテムが必要なのかを解説します。

 

この記事を書いている私は、

まったくの初心者から中国語の勉強を始めて(2020年で)4年目になります。

 

いちおうHSK4級HSKK初級に合格しました。

 

また、全日本中国語スピーチコンテスト朗読の部・社会人部門で最優秀賞をいただき、

現在はHSKK中級を勉強中です。

(※HSK=中国政府公認の中国語能力検定試験、1級:初級~6級:最上級)

(※HSKK=中国政府公認の中国語能力検定の口語試験、初級・中級・上級の3段階)

(※公益財団法人 日本中国友好協会主催のスピーチコンテスト)

 

そんな初心者に毛が生えたような私は、

37歳のときに単身赴任をきっかけに中国語の勉強を始めました。

 

単身赴任の任期残り1年間で、

勉強の成果が残るものが良いと思いHSK4級合格を目標に勉強をスタート。

 

「マジでやったろ!」と決意し、勉強時間の確保と、

必須アイテムの費用を捻出するために、当時買ったばかりの液晶テレビを売り払い、

そろえたのがご紹介したアイテムです。

 

これから中国語の勉強をけっこうマジでやろうと思っている人は、

この記事を参考にアイテムを活用してみください!

 

まったくの初心者が中国語を効率よく勉強を始めるための必須アイテム

 

必須アイテム

パソコン

ネットワーク

ICレコーダー

中国語の教材

ざっくりと解説していきます。

 

教科書、辞書、作業机のようなマルチなツール「パソコン」

 

ネットにつながったパソコンさえあれば、「教科書・辞書」の代わりになります。

 

シャドーイングをするための下準備としての作業机ともなります。

 

辞書代わりに単語検索をしたり、YouTubeで中国語に関する無料動画を何本も視聴することもできます。

 

できればノートパソコンがオススメですが、べつに高機能なパソコンは必要ありません。

 

今は中古パソコンでも、十分なくらい高機能なパソコンが3万円くらいからあります。

 

高機能でしかも安いノートパソコンほど「売り切れ」が多いので、2つショップを紹介します。

 

必要な方は、見比べて気に入ったパソコンがあれば即Getしてください。

 

中古なので一点ものが多いです。

 

「あの時買っておけばよかった~」って後悔しないように・・・

激安中古パソコンショップ・ジャンクワールド

アウトレット中古パソコン・PASOLET(パソレット)

 

ちなみに、推奨するスペックは

OS Windows10 Windows7や、Windows8はやめましょう。
CPU intel CORE

i5 以上

動画視聴もサクサク動いてくれてストレスが少ない。
記憶媒体 SSD

128GB 以上

パソコンの起動時間がメチャ早い!

HDDじゃなくて、SSDを選びましょう。

メモリ 8GB パソコンが快適に動いてくれてます。冷却ファンの音も軽減。
光学ドライブ DVDマルチドライブ 教材に付録のCD音源をPCに取り込むとき必要。

 

もし、自宅にあるパソコンで済ませちゃおうと考えている方、OSのバージョンに気を付けてください!

 

OSがWindows7の場合、マイクロソフトのサポートが切れているのでインターネットに接続するのは危険です。

 

悪いことは言わん、安くてもいいからWindows10のパソコンを買いましょう。

 

あと、見落としがちなところが光学ドライブが付いていないパソコンがあります。

 

中国語の市販教材には、音源がCDで収録されているものがあります。

 

その音源をICレコーダに取り込むときに光学ドライブが必要になります。

 

最近の安価なノートパソコンには、CDやDVDのファイルを取り込むドライブが付属していないものがありますので、よく確認してください。

もちろん、後付けでもかまいませんが・・・

 

中国語の世界が広がる「ネットワーク」

 

パソコンがあっても、インターネットにつながってないんじゃパソコンの意味がありませんよ。

 

中国語の勉強以外にも役立つことはあるので、

ぜひパソコンとあわせてネットワーク環境と、ネットのセキュリティー対策は準備しましょう。

 

インターネットにつないで、できること・・・

  1. ネットにつなげば単語検索で辞書代わりになる
  2. 中国人の講師とオンラインでコミュニケーションがとれる
  3. YouTubeで中国語に関する無料動画が視聴できる
  4. 中国語スクールで学ぶ時にもオンライン受講の選択肢がひろがる
  5. 中国について調べるときにも便利

 

回線工事が不要で、持ち運びが便利なポケットWi-Fiがあれば、

パソコンや持っているスマホと接続して、どこでも通信制限を気にすることなくインターネットを楽しめます。

 

今どき、なんでまた、「パソコン」と「ネットワーク」のことを紹介してんの、この人って・・・

思う人もいるかもしれまん。

 

なぜなら・・・過去の自分が知らなかったからです。

 

特に中古パソコンで「こんな高機能なノートパソコンが、さ・・・さん万円代で買えるなんて・・・」

Σ(・□・;)

つい最近しったので、ぜひ読者さんにも教えてあげようと書いてみました。

 

中国語学習の相棒「ICレコーダ」

 

これは買っておいてください!

スマホや、MP3プレイヤーとかで代替えせず、ケチらずICレコーダーです!

私が愛用しているのは、SONYのICレコーダです。

 

なぜ、ICレコーダが必須アイテムなのか・・・

  1. シャドーイングのときに便利な「DPC(スピード調整機能)」
  2. 繰り返し練習に最適な「A-Bリピート再生」ができる
  3. 自分や講師の声を聞くための「録音機能」

 

MP3プレイヤーでも①スピード調整機能や、②リピート再生などは付いてますが、

ICレコーダーの強みは③録音ができること!

 

①シャドーイングのときに便利な「DPC(スピード調整機能)」

 

教材の音源をICレコーダーに取り入れ、シャドーイング学習をおこなう時に便利なのが、

「DPC(スピード調整機能)」です。

 

その名のとおり音源のスピードを調整できる機能。

 

慣れないうちは、自然なスピード(1倍速)のシャドーイングはかなりシンドイです。

 

あやふやなマネをしていれば、あやふやなな中国語力しかつきません。

 

なので、無理のないスピードに調整(ゆっくり再生)して、音を正確に聞き取り、正確に発音する練習をする。

 

そのほうが、はるかに効果的なシャドーイングができます。

 

②繰り返し練習に最適な「A-Bリピート再生」ができる。

 

ネイティブの発音を聞きながら、ほぼ同時に声に出して、その音をマネするシャドーイング。

 

その時にぜひ使ってほしい機能が「A-Bリピート再生」機能です。

 

これは任意の区間を設定して、ボタンを押せばパっと瞬時に巻き戻してくれる機能です。

 

「今のところもう一度聞きたい」と思った部分だけを、ワンタッチで巻き戻してくれる便利な機能なので、

うまくシャドーイングできなかったところを何度も戻って、声に出して練習するために使います。

 

③自分や講師の声を聞くための「録音機能」

 

勉強が進んでくると、音源に無いテキストなどの発音や音調・リズムが聞きたくなります。

 

例えば、自己紹介文などがまさに最たるもの。

 

Google翻訳や教科書の例文に自分の名前や趣味を当てはめて、それとなく自己紹介文は書けます。

 

・・・が、しかし発音、音調・リズムがわからない。

 

書いた文章をカタカナ読みしても、中国人にはまったく通じません。

 

そんな時に中国人の講師や、友達にそのテキストを朗読してもらって、その声を録音しておくのです。

 

そうすることで、後で何回もその音源を聞いて練習することができます。

 

すると、流ちょうな中国語で自己紹介が言えるようになります。

 

ここまで、ICレコーダーでの勉強方法を紹介しましたが、

「スマホ一台あれば十分では?」と思う人もいるかもしれません。

 

ただ、勉強は集中力が大切です。

 

スマホで代用してしまうと、バッテリーの消耗も早くなりますし、

余計な通知が入ってきたりして、ついつい集中力が途切れてしまいがちになります。

 

なので、勉強モードに入るときはスマホは自分から遠ざけて、

ICレコーダーのイヤホンを付けて、しっかりと集中しながら中国語の勉強に励んでいきたいですね。

 

デジタルコンテンツじゃない元祖教科書「中国語の教材」

 

まったくの初心者がゼロから勉強を市販の教材で、独学するのは私はオススメはしません。

その記事はこちら・・・

 

勉強の失敗
【失敗しますよ】全くの初心者が中国語を教材のみで独学する勉強方法 全くの初心者が中国語の勉強を始めるときに何から始めたら良いんだろう。 オンライン講座がいいのか、中国語教室に通った方がいい...

 

これから中国語を学んでみようと思っているけど、始めはお金をかけずにスタートしたいという方むけに・・・

市販の教材でオススメの物を紹介します。

 

もし、市販の教材から勉強を始めようと考えているなら、

教材をいろいろと買いそろえるよりも、厳選したものを徹底的にヤリ込んでいくことをオススメします。

 

あれこれと教材に手を出して、教材コレクターにならないように気をつけたいところです。

 

また、教材はなるべく音源CDとか、ダウンロード型のMP3ファイルなどが付録されている
ものを選びましょう。

【紹文周の中国語発音完全マスター】

発音や声調などの教材を用意するときには、以下の条件を満たしている物を選びましょう。

  • 舌の位置や口の形の写真や図があり、論理的な解説があること
  • 音源CD、ダウンロード型のMP3ファイルなどが付録されているもの

 

【ゼロからスタート中国語】

この教材は、あいさつ文や基礎フレーズ、超基本的な文法ルール、簡単な単語が学べます。

私は声に出してシャドーイングし、中国語を話している自分を楽しむための教材として使いました。

楽しむことによって、モチベーションの維持につながり「発音のトレーニング」になりました。

 

【本気で学ぶ中国語】

この教材は「読む・聞く・話す・書く」の総合教材として適した一冊です。

中国語の教材には会話文で構成されているものが多くありますが、シャドーイングで勉強していく時には、

会話文のような「Aさん:短文、Bさん短文・・・」といった構成より、ある程度の長さをもった文章を、

流れを切らずにシャドーイングをすることが大切だからです。

 

まとめ

 

中国語を効率よく勉強を始めるための必須アイテム

 

パソコン

勉強の下準備、辞書代わりの単語検索、YouTubeで無料動画の視聴、オンライン講義の受講。

パソコン一台で何でもできちゃう便利な世の中。

なければ中古パソコンでも十分。

OSがWindows7のPCなら買い替えましょう。

激安中古パソコンショップ・ジャンクワールド

アウトレット中古パソコン・PASOLET(パソレット)

 

ネットワーク

スマホしかない場合や、住んでる部屋に回線がない場合は、

回線工事が不要のポケットWi-Fi。どこでも持ち運べて通信制限を気にする必要なし。

 

ICレコーダー

語学学習の相棒と言っても過言ではありませんよ、マジで。

オススメのポイントは・・・

  1. スピード調整機能
  2. 聞き直したいところへのリピート再生機能
  3. 講師や自分の声を録音する

 

中国語の教材

教材コレクターにならにように教材は絞り込んで、厳選した教材を徹底的にヤリ込むほうが良い!

発音教材:紹文周の中国語発音完全マスター
短文教材:ゼロからスタート中国語
総合教材:本気で学ぶ中国語

(リンク先:Amazon)

 

まったくの初心者が中国語を効率よく勉強するには、「シャドーイング」という勉強方法がオススメです。

そのシャドーイングの勉強方法の下準備として、今回は必須アイテムの紹介でした。

 

この記事がお役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします。

記事更新のモチベが上がります!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

読者登録もよかったらいかがでしょうか?

SAGOJO blog - にほんブログ村

那,下次再见,拜拜!では、また次回バイバイ!